豆腐パーティー

2019年5月28日

その日、

休憩室にいたセイジツ君は
室内で何故か、
落ち着きなくゴソゴソしていた…

そこへ、僕がちょっとだけ
プリプリしながら入ってきて、
彼に言った。


「セイジツ君さー。毎週せなあかん
あの仕事もうやったん?
いっつも忘れてもうてるけど…」

セイジツ君
(ハッッ!!!!!!!)

セイジツ君は、
たった今思い出したような反応だった。

ただ、相変わらずゴソゴソを
続けたまま言った。

セイジツ君
「えーっとぉ…。
 まだ…で…すねぇー。
 
 あとで、必ずやります!!!
 ゴソゴソ…。」

まあ、いつものことか…
と僕は思いつつ彼に諭すように言った。


「今休憩室おるし、
 時間あいてるんやし
 今のうちに、やっといたら??

 あとあと、楽やで???
 みんな、困らんし。」

相変わらず、
ゴソゴソしているセイジツ君が
真剣な顔を僕に向けてから言った。

セイジツ君
「今は無理です。ちょっと忙しいんで。
 また、あとでやります。ゴソゴソ…」

彼のどこが、
どのように忙しいのかを
全く理解できなかった僕は
とうとう、毎週のことに
少し苛立ちを隠せずに言った。


「いやいやいや…。絶対今暇やん。
 今、仕事してへんやん。先やれよ!」

毅然とした態度で、
セイジツ君が続ける。

セイジツ君
「僕先輩には、
 そう見えるかもしれませんが
 今の僕は、まあまあ忙しいんです。

 時間限られてますし、
 またあとでやりますから…」

なんか、よくわからん
がちょっと逆ギレされている
僕がそこにはいた。笑

しばらくは、
何言ってもダメかなと思い
僕も休憩できそうな
タイミングだったので
とりあえず、一旦黙って
彼の様子を観察していると

確かに、今日一番忙しそうであった。


(ふーん。まあまあやるときやるんやん。)

なんて、
ちょっとだけ感心していると
休憩室に美奈代が、
急ぎ気味に入ってきた。

ようやく休憩を迎えたようだ。

ちらっとだけ、
一瞬僕のことをみてから
すぐ視線をセイジツ君に変えて言った。

美奈代
「セイジツ君!!
 ごめん!手伝えんかった。

 やっと今、仕事落ち着いたわ!
 あと何手伝ったらいい?」

先ほどまでの、
僕との重い空気とは一変
セイジツ君は楽しそうに言った。

セイジツ君
「全然大丈夫♪
 もうほとんど、準備終わってるよ!

 あと並べるだけかなー?
 手伝ってくれる?」

美奈代
「オッケー♪」

なんだか、ノリノリな二人である。

ゴソゴソ…ゴソゴソ…

僕の目の前には、数種類の豆腐たちと
野菜たちがきれいに並べられた。


(え…なんなんや…これ…)

美奈代
「じゃあ、はじめよっか♪」

セイジツ君
「オッケー♪いただきますー♪
 あっ!ポン酢持ってきたで!」

美奈代
「えーありがとう、
 こっちは、ドレッシング持って来てみた!」

セイジツ君
「えーありがとうー。
ドレッシングもええよなー。
これな、枝豆豆腐やって!
こっちは、ゆず豆腐♪
一回食べてみてー」

美奈代
「えーいいのー?
そんな種類あるねんなー
なんか、ホンマにパーティーみたいー」

セイジツ君
「ほんまやなー笑」


(な…な……なんなんや
 …この展開は……笑)

セイジツ君
「あ…ごめんなさい。ごめんなさい。
 僕先輩も一緒にどうですーー???」


「一緒にどうですーって、
 なにがなんだかわからんねんけど
 何してるん???笑」

セイジツ君
「えーどっからどうみても”
 豆腐パーティー”じゃないですかー♪」

セイジツ君
「モグモグ…、
 これ、おいしいーーーーーー♪
 なにこれ????」

美奈代
「あ、やっぱりわかった?
 それ、お取り寄せの豆腐やねん。
 
 ちょっと高買ってんけど
 やっぱり、おいしかったー♪?」


(な…な……なんなんや
 …この状況は……笑)

そこから、美奈代とセイジツ君と
”友達歴1日目”くらいの
距離間でしばらく過ごした。

彼らは、
相も変わらず楽しそうであった。

意を決して、彼らの楽しそうな会話に
割って入ってみた。


「こ…こ…これはいったい何なん?
 ダイエットでもしてるん?」

セイジツ君
「あれ?
 言ってませんでしたっけ?
 
 僕も美奈代ちゃんも
 いま別々のジムですが通ってて
 何キロか痩せてきてるんですよー♪

 僕先輩もこれから
 ”豆腐パーティー”参加します??笑」

セイジツ君の
ノリノリコメントに続いて
美奈代が口悪く僕に言った。

美奈代
「おまえ日ごろ仕事で、
 口うるさいねんから
 いっぱい豆腐持って来いよ笑
 
 いろんな種類な!
 ”豆腐パーティー”の一番後輩やぞ笑」


(もう……わけわからん…笑)


「あの…
 セイジツさんところで、いつになったら
 
 あの仕事していただけるんでしょうか??」

僕は聞いてみた。

セイジツ君
「はぁぁぁ????
 後でするって言ってるやろ!!!!
 しつこいぞお前笑 
 
 後輩やのに!!笑」


「あ…すみません…笑」


(絶対…後でシバイてやる…笑)

一通り、食事がするまで
一番後輩というポジションの
寸劇に付き合ってみた。

美奈代は先に、仕事に行き
使っていたお皿を
洗っていたセイジツ君に僕は
少し強い口調で言った。


「いつやるん?あの仕事!?」

セイジツ君は、
少し困ったように言った。

セイジツ君
「いやぁー今、
 お皿洗ってるんで無理ですねー

 すぐ、仕事戻らなダメですし…

 もうこんな時間!!
 やっといてもらえます????笑」

もう、何を言っても無駄だと思い…

僕は、そのセイジツ君が
しなければならなかった仕事を
先週ぶりにしたのであった…

また次回。

               

ランキング上位にいきたいです。
応援クリックお願いします。

                 


20代前半
ガリガリで一般的な身長。
口が悪く、短気。でも人たらし。
B型。効率主義。犬好き。
年齢後輩、職場先輩。
etc…

美奈代
美意識が高い。AB型。
会話の脈略とか流れとか気にしない。
美人の分類。モテるらしい。
フィットネスに通っている。
etc…

セイジツ君
僕らの職場の後輩。すぐ仕事の手を抜く。
典型的末っ子タイプ。
太りやすく、美奈代と豆腐パーティーをすぐ開く。
整理整頓が得意。旅行好き。
etc…