朝の風景

2019年5月28日

おっさんと僕の
ネタの元となっております
初めまして
おっさんです©️

今日はおっさんが
ブログを書きたいと思います
たまに不定期で現れるかもしれません

おっさんのルーツである
両親の話というか
両親のネタを書いてみようかと

人間の思い込みについて

あれはおっさんがまだ実家にいた頃のこと

朝、仕事に行く用意をするため
洗面所にいた時に
リビングから聞こえてきた両親の会話

テレビで百貨店のスウィーツ特集をやってたみたいで

父「なぁスウィーツってなんや?」

僕(おとんスウィーツ知らんのか!?)

母「え?スウィーツ知らんの?」

僕(そやそや
おかん教えたり)

母「スウィーツって…」

僕(うんうん)

母「あれやん果物やん!」

僕(おかんそれ
フルーツや!)

父「なるほど!果物か!」

僕(なるほどて!
どっちもどっちやな!)

おとん68歳にして
スウィーツを果物だと認識する

訂正するのもめんどくさいので
洗面所でそのまま朝の準備を淡々と進める

顔洗って歯磨きに突入した時
不思議な違和感がおっさんを襲った

もの凄く近い距離で洗顔料の匂いがしてくるのだ

あれ?
さっき顔洗ったから
手に匂いが残ってんのかな?
しっかり手を洗って
歯磨きを再開するが
やっぱり洗顔料の匂いがしつこく鼻をついてくる

なんでや!?
この洗顔料の匂いはいったいどこからしてるんや!?

パニックである

朝から出所の分からない洗顔料の匂い
しかもかなり近くでその匂いは漂っている

意味がまったく分からない

それでも歯磨きは続行
そのうち
口の中が尋常じゃないくらい泡立ち始めた

さらにパニック

予想外の出来事に思考が一時停止
謎が謎を呼び
口の中が泡まみれのおっさんが1人洗面所でわたわたと焦りまくる

ふと目の前に広がるいつもの洗面台を凝視した
そんなはずはない
でももしかしたら…

停止した思考がマッハで推理をし始める

至近距離でのしつこい洗顔料の匂い
泡立ちのいい歯みがき粉
洗顔料と歯みがき粉の位置関係…

点と点が繋がった

おっさんが歯みがき粉だと思い込み
歯を磨いていたものは

洗顔料!

モイスチャークリーム
ダヴ!

マジか!!そんな事ある!?

自分に起きた自作自演の一連の流れに戸惑いつつも現実を受け入れ
慌ててうがいをしまくるおっさん!

吐き出しても吐き出してもずっと洗顔料が口内を占領し続ける
口臭予防に石鹸食った!?
くらいの匂いを撒き散らし
ご飯を食べてもふんわり香るDove風味

思い込みが生んだ悲劇である

歯みがき粉と、洗顔料って形状が同じですよね?
苦し紛れすぎる言い訳もしてみたり

更にこの話には続きがありまして

遺伝子レベルの奇跡がおこっておりました

その日の夜、おかんがなかなかのテンションで話しかけてきた

母『ちょっと聞いて!お父さんな!朝歯磨くのに歯みがき粉と間違えて洗顔料で歯磨きしてんで!信じられる!?あんなん普通間違えへんやん!?あれボケてきよるで!』

そんなテンション高めのおかんの話しを
おっさんは遠い目をして聞いていた

遺伝子って凄い…

 

 

 

 

 

 

ランキング上位にいきたいです。
応援クリックお願いします。

 

 

           

おっさん
30代後半
身体は小さく、うすらハゲ。足関節が固い。
とにかく天然。やさしさの塊、そして、色黒。
O型。めんどくさがり、犬好き。牛かわいい。
剃り込みがあり、カフェインが苦手。
年齢先輩、職場後輩。
etc…

パピー
おっさんにそっくりな容姿。
糖尿病があり、散歩が日課。
写真が趣味で、個展も開くくらいの実力。
ド天然。うすらハゲ。犬が好き。
感情が薄い。
etc…