久しぶりの再会、遠目に見てくる黒いヤツ。。。

ざっと先日の
おっさんと僕
消滅事件の
報告から始めます。

前々から考えていた
二つ目のブログサイトを
立ち上げようとして
設定を行っていた時…

特に下調べもせずに
なんとなくの
感覚で行っていたら

おっさんと僕のページに
真っ白なページを

上書き保存してしまって

結果…

アクセスできない状態に
なりました。

萎えました。。。

何故なら…

後で報告するんだけど
次の日から

地元の友達の結婚式に
参加するため
一時、実家に帰省したり

祖父母の家に
顔を出しに行ったり

甥っ子姪っ子たちと
遊んだりと

予定ぎっしりで

少なくとも
三日間はPCを満足に
いじれなさそうだったので

絶望的に
なっていました。。。

なんとか
その日のうちに
データを
呼び戻せたものの…

今は
8割復旧ぐらいで

前の記事で
意気揚々と書いた

検索された表示位置も
無事一旦
リセットされました…

なので
また頑張ります!!!!

という
なくても
別にいいだろうけど
一応の報告でした。

閲覧していただいた方は
ご迷惑をおかけいたしました…

では
本題へ~

~~~~~~~~~~~~~~~

僕は
地元の友達の結婚式に
参加するため
正月ぶりに
実家へと帰省した。

もちろん
夕方までは
本職の仕事なので

普通に勤務し
その後
急いで職場を後にして

実家へと向かった。

実家に着くなり
僕の大好きな
ラムちゃんが

ちぎれそうなくらいに
短い尻尾を
振って出迎えてくれた。

その横には
なんか黒いヤツがいた。

そいつは
控えめな
尻尾フリフリで
出迎えてくれた。

玄関の扉を開け
リビングへと
向かう途中にも

ラムちゃんは
愛情表現たっぷりで
僕の足にまとわりつき

お腹を見せては
撫でて撫でてと
アピールしてきていた。

ますます
僕は
彼女からの
愛情をすごく
感じることができた。

黒いヤツはというと
早々に
僕の両親の元へと
帰っていき
まるで他人が
家にやってきたような
素振りだった…

僕が
ラムちゃんの愛情表現を
受けながら
リビングへと
到達すると

そこには
2歳の姪っ子がいた。

これまた
久しぶりの再会だったので

そいつは
まるで他人が
実家に勝手に
やってきたような感じを出して

じっとコッチを
凝視したのち

僕がニコっと笑いかけると

爆泣きしやがった。。。笑

親族…
まあ、ほぼ家族か…

僕は自分の実家に
帰ってきただけで

身内に
爆泣きされるという
初体験をした。

その間も
ラムちゃんは
相も変わらず
僕に対して
愛情100%の
アピールをくれていた。

黒いヤツは
遠目でこっちを見ていた。。。

現在
僕の久しぶりの
帰省に関して

おかえり勢=3
父・母・ラム

誰やねんお前勢=2
姪・黒いヤツ

ぎりぎり
帰省してよかったと
思える数字だった…

ようやく
落ち着いてきたので
僕からも
愛情150%で
ラムちゃんを
撫でまわした!

ほんとに
喜んでくれて
その後も
夜にもかかわらず
ずっと僕のそばを離れなかった
ラムちゃん。

ありがとうね(‘ω’)

黒いヤツと姪っ子は
一定の感覚で
こっちの様子を探っていた…

そんなこんなで
時間が過ぎていくと

甥っ子(姪のお兄ちゃん)と
僕の姉が実家へと
サッカークラブの
ご飯会から帰宅した。

久しぶりの
僕との再会を
甥っ子は
満面の笑みで
喜んでくれた(‘ω’)

お姉ちゃんも
まあまあの反応だった。

これで

おかえり勢=5
父・母・ラム・甥・姉

誰やねんお前勢=2
姪・黒いヤツ

ラムと甥っ子と
ワイワイ遊んでいると

姪っ子が僕を
思い出したかのように

近寄ってきて
色々おもちゃを
ご紹介してくれた…

これで

おかえり勢=6
父・母・ラム・甥・姉・姪

誰やねんお前勢=1
黒いヤツ

相変わらず
黒いヤツは
なんとなく知っているような
気がするけれど
誰だっけかな?感を

ビンビンに出しつつ

遠目で
こっちを見ていた…

次の日は
僕は結婚式。

姉一家は
家族でおでかけ。

の予定だったので
早々に
布団へと入った。

久しぶりに
何故か
みんなが実家に
泊まった日だった笑

次の日の朝。

僕が起床して
結婚式の準備をしていると

ラムがやってきた
昨夜よりは
落ち着いて
撫でて撫でてと
アピールしてきた。

もちろん
精いっぱい撫でて
愛情をお返しした。

しばらくすると
黒いヤツもやってきた。

少し距離を取りながら
様子をうかがう黒いヤツ…

黒いヤツ
(!!!!!!!!!!)

彼が僕を
思い出した瞬間だった。

全速力で
僕に向かって
突進してきた笑

なんやコイツ
なんて思いつつ
愛情たっぷりに
撫でて返す僕。。。。

本当に忘れてて
本当に思い出したみたいで

そこからは

まったくもって
傍を離れてくれなかった…

撫でて撫でてのアピールも
すごいし

久しぶりーーーー!!!の
アピールもすごかった。。

でも僕は
冷静だった。


(お前…昨日のこと
 俺は忘れてないからな…笑)

だけど
そんなこんなで

今日は
結婚式までの間

ムーちゃんを
これでもかってほど

久しぶりーって

撫でたよーて話。

また次回。

                      

ランキング上位にいきたいです。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

                     


20代後半のアラサー
小太りで一般的な身長。
口が悪く、猫背。
B型。効率主義。犬好き。
年齢後輩、職場先輩。
etc…

                           

結婚式の後から
白ワインにハマりました。
美味しいワインは
まだまだわからないけれど

これめっちゃ美味しくてハマってる。