徒然草 第150節の独自応用解釈

能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。 未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀り笑はるゝにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、そ骨なけれども、道になづまず、濫りにせずして、年を送れば、堪能の嗜まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双なき名を得る事なり。 天下のものの上手といへども、始めは、不堪の聞えもあり、無下の瑕瑾もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埓せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道変るべからず。

徒然草 百五十節

これは
よーするに
上手いヤツやスゲーヤツは

上の文でいうと芸事を
続けてるヤツってこと。

ただ
そんな奴らも
最初から上手かったわけじゃない
凄かったわけじゃない。

僕らでも
上手い人に混ざって
けなされたり、笑われたりしながらも
信念もって続けていたら

いつか
上手いヤツやスゲーヤツ側に
なるよってことが書いてある。

ちょっと上手くなってからとか
なになにしてからとか
言ってるやつは、何も変わらん。

才能がなくても
いい加減にせず続けていれば
才能があるけど
いい加減な奴らを抜けるよ。

みたいなことが書いてある。

こういうのを訳すと
マニアとか
まじめな人に怒られちゃいそうだから

一応言っとくけど
これ
現代語訳というよりは
解釈だと思ってね。

吉田兼好。

約700年前に書かれた【徒然草】

僕は
この第百五十節が好きで
時おり読むようにしている。

すごいよねこれ。

でね
今日はなぜこの記事かと言いますと。

つい先日R25というサイトで
GLAYのTAKUROさんの記事というか
インタビューを拝見させていただきました。

その中で
堀江貴文さんとかSHOWROOMの前田さんとかが
例として挙げられてるんだけれど

その部分が
ホントそうだなって思った。

あの方たちは

誰よりも
したいことを続けていて
誰よりも
したいことを失敗している

それに
アンチもいる

でも
それを気にするというか…(;’∀’)
むしろ利用して

続けているから
成功している。

まあ成功って何?って感じやけど。

だからね
良く知らないけど
堀江さんが
協力しているロケットって飛んだの?
飛んでないの?

飛んでないなら
飛ぶわ。きっとそのうち

飛んでんなら
もっとワクワクしてて
なんか考えてそう。

そんな感じで
700年前に徒然草で
吉田兼好さんが言いたかったことの

現代バージョンって

結局

やりたいことを
続けろよってことなんだろうね
きっと。

書きたいことを書きました笑

また次回。