おっさんとのエピソード

四十半ばの、おっさんが
まるでスキップでも
しているかのように
休憩室へと入ってきた。

ニッコニコである。

思わず僕は聞いてしまった。


「どうしたん?笑